快適なテレワークを叶えるワークスペースの作り方 | 間取り | くらしのこと | エンジェルストーリープラス 東大阪を楽しく暮らすためのWEBマガジン

快適なテレワークを叶えるワークスペースの作り方

快適なテレワークを叶えるワークスペースの作り方
新型コロナウイルスの流行を機に、テレワークに切り替えた方は多いことでしょう。ここで問題になりがちなのがワークスペースを作る場所です。
家族との共有空間では気が散ったり気を遣ったりで、仕事に集中できませんよね。

ここでは、個室がないときのワークスペースの作り方を総まとめ。
リビングに寝室、子ども部屋など、「そんなところにも?」と驚くワークスペースのアイデアが満載です。
もくじ
テレワークスペースは個室じゃなくてもOK!
テレワークスペースを作るのにおすすめの空間は?
ワークスペースに置きたい!仕事が捗るアイテム

テレワークスペースは個室じゃなくてもOK!

急なテレワークの導入で、自宅に急いでワークスペースを用意した方もいらっしゃったことでしょう。とはいえ、「ちょうどワークスペースに最適な空き部屋があった!」というご家庭のほうが少なかったはずです。

集中して仕事をするなら個室が一番とイメージされがちですが、工夫次第では家族との共有空間にもワークスペースは作れます。

今後、テレワークが一般化することも充分考えられるこのご時世。いまはまだ一時的なワークスペースで仕事をされている方も、これを機に長く使えるワークスペース作りを進めていくのがおすすめです。

テレワークスペースを作るのにおすすめの空間は?

リビングやダイニングなどの共有空間にワークスペースを作る際のポイントは、気が散らない環境作りを目指すことです。

デスクやリビングカウンターは、仕事の合間に景色を見てリフレッシュできる窓際や、作業に集中しやすい壁向きに設置するとよいでしょう。
ワークスペースをパーテーションで仕切るだけでも、家族の動きが視界に入らなくなり仕事に集中できます。

また、階段下はデッドスペースになりがちです。ここにデスクと椅子を入れれば、半個室のようなワークスペースに早変わりです。

日中使わない部屋を活用するアイデアも。夜寝るだけの寝室や、日中子どもが学校に行って空になる子ども部屋を、昼はワークスペースとして利用するのです。
普段の仕事はリビングやダイニング、テレビ会議は寝室や子ども部屋など、仕事の内容によって場所を変えるのも工夫のひとつですよ。

ワークスペースに置きたい!仕事が捗るアイテム

快適なテレワークを叶えるには、自分に合ったワークデスクと椅子を用意するのがとても重要です。
正しい姿勢で仕事ができるのに加え、長時間仕事をしても疲れにくいというメリットが。

ダイニングチェアや折り畳み椅子は、長時間座り続けると腰を痛めてしまうことも。
充実した毎日を送るためにはなにより健康が大切です!必ずオフィスワーク用の椅子を購入してくださいね。

また、床に座って仕事をするのも姿勢が悪くなりがち。これからの季節はこたつで仕事をしたくなるかもしれませんが、仕事環境として向かないので避けましょう。
ワークスペースに置きたい!仕事が捗るアイテム
家族との共有空間で仕事をするなら、仕事道具をしまえる収納アイテムも合わせて用意すべきです。収納がなく仕事道具を出しっぱなしにすると、リビングが散らかってしまう原因に。
仕事が終わればきちんと道具をしまう習慣をつければ、部屋がすっきりするほか、子どもが誤って仕事道具に触ってしまうなどのトラブルも避けることができますよ。

自宅でも会社と変わらない気持ちで仕事にあたりたいなら、まずは環境作りから始めましょう。個室を用意しなくても、居心地のよいワークスペースは作れます。

いまの家ではどうしてもスペースを確保できないなら、住替えのタイミングかも。今後テレワークが一般化する可能性も考え、新居の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

東大阪でテレワークを想定した住まいをお探しなら、私たち城戸産業にぜひお任せくださいませ!仕事と生活を両立できる住まいづくりを、全力でお手伝いさせていただきます。

LIVING INFORMATION 最新のくらしの情報

READ MORE