カーテンの選び方「窓まわりを素敵に演出♪お洒落なカーテンの選び方とアイデア集」 | インテリア | くらしのこと | エンジェルストーリープラス 東大阪を楽しく暮らすためのWEBマガジン

カーテンの選び方「窓まわりを素敵に演出♪お洒落なカーテンの選び方とアイデア集」

カーテンメイン

こんにちは!

インテリア収納コンサルタントの若林弓子です。

 

インテリアコーディネートの中でも窓まわりは、お部屋の印象を左右する重要な場所です。窓まわりの装飾(ウィンドウトリートメント)は、カーテン以外にも、ブラインド、ロールスクリーン、シェードなどいろいろあって、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、今回はおしゃれなお部屋にする上手な選び方をお伝えします。

もくじ
カーテン選びのキーポイントは?
主なタイプ別特徴とメリットデメリット
お部屋を素敵にするアイデア3選

カーテン選びのキーポイントは?

家を新築したり、リフォームしたりする時、まず「好きなお部屋のスタイル」を決めましょう。カーテンを選ぶ時のキーポイントは、その部屋のスタイルに合う形状や素材・色・柄であること。形状は、大きく分けて2種類。カーテンレールにドレープやレースを吊るす、一般的にカーテンと言われるものと、上部に操作するメカ類がついた、ブラインドやロールスクリーン、シェードなどです。お洒落でセンスの良いお部屋をつくりたいなら、「カーテン」以外もぜひ取り入れてみることをおすすめします。


主なタイプ別特徴とメリットデメリット

お部屋の快適性や使い方によって、機能面も考慮したいところ。そこで、主なタイプ別の特徴とメリットデメリットをお伝えします。

 

「左右(水平)に開閉するタイプ」

カーテンや縦型ブラインド(バーチカルブラインド)は、外部への出入りが多い、テラス窓や引き違い窓のように間口が広い窓に最適です。消臭・抗菌効果や汚れが付きにくいなど、機能性を高めた商品もでています。縦型ブラインドは、シャープな印象ですが、風が吹いた時にカタカタ音がして絡まる可能性があるので、気になる方は確認を。

 

「上下(垂直)に開閉するタイプ」

ロールスクリーンや横型ブラインドなどは、開けた時、上部に収まるので窓がスッキリ見え、採光を自由に調節できます。素材や柄の種類も豊富で、子供部屋や小窓や縦長の窓に向いていています。その反面、上げ下げがしにくくなる大きな窓や高い位置にある窓には不向きです。


カーテンサブ1

その他、人通りの多い道路側の窓には、プライバシーを守るために見えにくい厚手の素材を、日中寝ることが多い方や寝室には、遮光機能の素材を選択するなど、家族のライフスタイルや目的に合った素材選びをしてみてくださいね。


お部屋を素敵にするアイデア3選

カーテンの素材の切り替え

上下で素材を変えれば、開けた時も閉めた時も一色だけとは違う雰囲気を楽しめます

 

シェードとカーテンの組み合わせ

レースがシャープシェード、ドレープがカーテンの組み合わせです。

レースは普段は視線を遮りたいので下ろしたまま、開閉するのは朝夜のドレープがほとんどという方におすすめです。

 

タッセルをお部屋のポイントに!

シンプルな無地のカーテンに印象的な大ぶりのタッセルを使用することで お部屋のポイントになります。また、きらきらしたアクセサリーのようなもの、ビーズが何重にもつらなったものなど種類はたくさんあるので、 アクセサリー感覚で変更するのも楽しいです。


カーテンサブ2

「家づくり×収納×インテリア」のお悩み相談を受け付けしています。

@S+HOMEHPからメッセージして下さいね。

東大阪エリアで住まい探しや住まいづくりをご検討なら、ぜひ一度、不動産会社の城戸産業にお問い合わせくださいませ!

LIVING INFORMATION 最新のくらしの情報

READ MORE