冬のアウターは帰宅時の簡単ケアで長持ち♪ウイルス対策も | その他 | くらしのこと | エンジェルストーリープラス 東大阪を楽しく暮らすためのWEBマガジン

冬のアウターは帰宅時の簡単ケアで長持ち♪ウイルス対策も

冬のアウターは帰宅時の簡単ケアで長持ち♪ウイルス対策も
寒さが身に染みる季節になりました。外出時にはダウンにコートなど冬物アウターが手放せませんね。
ところで、外出時に着ていたアウターは、家に帰ってからどのように保管していますか?脱いでそのままハンガーにかけ、クローゼットに収納するだけでは、傷みが早く出てしまうかもしれません。

今回はアウターを長持ちさせるための簡単なケア方法と、効果的なウイルス対策についても解説。新型コロナウイルスをはじめ、さまざまなウイルスも気になるこの季節にぜひお役立てくださいね。
もくじ
帰宅時、ほんの数分のケアでアウターはぐっと長持ち
ウイルス対策の効果を高めるおすすめアイテム
冬のアウターをクリーニングに出す最適なタイミングは?

帰宅時、ほんの数分のケアでアウターはぐっと長持ち

冬物アウターには厚手なものが多く、気軽に洗うのは難しいもの。洗えなくても清潔さをキープするためには、帰宅時に脱いだアウターに軽くブラッシングをするのがおすすめです。
ブラッシングにより汚れやニオイの原因になるほこりやゴミを取り除けるほか、毛玉などの原因になる生地のよれを整えることができます。

また、ブラッシング後のアウターはしばらく陰干しして乾燥を。冬でも人は意外と汗をかくため、アウターには湿気が溜まっています。
しっかりと乾かしてからクローゼットへしまう習慣をつけましょう。

ハンガー選びも重要です。型崩れの原因にもなるため、ハンガーはアウターの肩幅にぴったり合うものを選んでくださいね。
帰宅時、ほんの数分のケアでアウターはぐっと長持ち

ウイルス対策の効果を高めるおすすめアイテム

今年は新型コロナウイルスの流行もあり、ウイルス対策の意識が高まっているご家庭も多いことでしょう。

春や夏なら外出時に着ていた服を帰ってすぐに着替え、洗濯することもできましたが、冬物衣類だとそうはいきませんよね。
なかなか洗いにくいアウターのウイルス対策には、ドラッグストアなどでもよく見かけるウイルス除去効果があるスプレーを利用するのがおすすめです。

スプレーをする際のポイントは、衣類全体が湿るくらいにかけることと、そのあとしっかり乾かすこと。肌に直接かかるとよくないものもありますので、スプレーするときはアウターを脱いでハンガーにかけてからにしましょう。

また、赤ちゃんがいるご家庭では、ベビーカーのシートや抱っこひもなども合わせてスプレーしておくと安心ですね。

冬のアウターをクリーニングに出す最適なタイミングは?

冬物アウターは、見るからに汚れていたりニオイが気になったりする状態でなければ、ワンシーズン着てからクリーニングに出すだけで充分です。

また、ワンシーズン中にほんの僅かな時間しか着なかったアウターも、必ずクリーニングに出しましょう。一度でも着たアウターには見えない汚れがついていますので、そのまま収納すると変色やシミ、虫食いの原因になることがあります。

クリーニングから返却されたアウターにはビニール袋がかけられていますが、これはすぐに外しましょう。
「ビニール袋をかけておいたほうがホコリを防げそう」と感じるかもしれませんが、ビニール袋の中には湿気がこもりやすく、そのまま収納するとカビやニオイ、黄ばみの原因になることも!

ビニール袋を外したアウターは陰干しし、ちゃんと乾燥させてからしまっておけば、次のシーズンにもまた気持ちよく着られますよ。

なかなか洗えない冬物アウターは、毎日のひと手間でぐっと長持ちするもの。帰宅したら手洗いうがいと一緒に、アウターのケアも習慣にしてくださいね。

ところで、ご自宅のクローゼットはキレイに整理されているでしょうか?「冬物衣類や季節家電がかさばって収納が足りない!」などのお悩みがあれば、広いクローゼットがある住まいへの住み替えを検討するタイミングかもしれません。

東大阪で広い収納付きの住まい探しや住まいづくりをご検討なら、ぜひ城戸産業へご相談を!

LIVING INFORMATION 最新のくらしの情報

READ MORE