東大阪から梅田まで乗り換えなし!JRおおさか東線が延伸♪ | 東大阪豆知識 | くらしのこと | エンジェルストーリープラス 東大阪を楽しく暮らすためのWEBマガジン

東大阪から梅田まで乗り換えなし!JRおおさか東線が延伸♪

おおさか東線メイン

この春、東大阪から梅田までのアクセスがこれまで以上に便利になることをご存じですか? その鍵を握るのはJRおおさか東線です。   今回は東大阪にあるおおさか東線の駅をまとめました。現在再開発中が進んでいるうめきたエリアの完成イメージも紹介しつつ、新たにできる大阪駅の新ホームに導入された世界初の設備について解説します。


もくじ
東大阪を通るJRおおさか東線の駅は5つ
2023年春、おおさか東線がJR大阪駅へ!
大阪駅の新ホームが近未来的!旅行も便利に♪

東大阪を通るJRおおさか東線の駅は5つ

東大阪に以下の5駅が増えたのは、2008年3月15日のこと。


・高井田中央
・JR河内永和
・JR俊徳道
・JR長瀬
・衣摺加美北


この日、JRおおさか東線が開業し、放出~久宝寺間が電車でつながりました。


その後、2019年3月16日には新大阪~放出間が開通!
その盛り上がりようといったら、当日にJR河内永和駅で記念式典が開催されたほど。ちなみにJR河内永和駅から新大阪駅までは約25分で行けるので、これまで以上に大阪市内をぐっと身近に感じられるようになりました。


2023年春、おおさか東線がJR大阪駅へ!

おおさか東線サブ

さらに今年3月18日にはおおさか東線が大阪駅まで延伸。この春、うめきたエリアに新しくできる大阪駅の地下ホームへ乗り入れる形になるとのこと。


東大阪はもともと交通利便性の高いエリアで、近鉄に乗れば難波まで乗換不要で出られます。
しかし、梅田(キタ)へ1本で行ける路線は北新地に乗り入れている学研都市線のみでした。
今回の延伸により梅田方面への移動もさらに楽ちんに!通勤や通学、ショッピングの行き先の選択肢も大幅に増えそうですね。


乗り換えがあるのとないのとでは、利便性が大きく変ります。
この春以降、東大阪に住んでいる人はぜひおおさか東線を利用してみてください。便利さに驚くはずですよ。


なお、うめきたエリアはただいま絶賛再開発中です。


2024年夏には“まちびらき”を目指していて、緑あふれる都市公園や広場ができるほか、ミュージアムや商業施設ができる予定になっています。2027年度には全体の開発が完了する予定なので、こちらも楽しみですね。


大阪駅の新ホームが近未来的!旅行も便利に♪

大阪駅の新ホームには「特急はるか」「くろしお」も停車します。関西空港や和歌山方面にも気軽にアクセスできるため、旅行にも出かけやすくなるのがさらなる注目ポイントです。


そんな大阪駅の新ホームには、ふたつの世界初が導入されていることをご存じですか?


ひとつは、デジタル可変サイン。スマホアプリに目的地を登録しておいた状態で、ホームのデジタル案内板に近づくと、目的地の方向を示してくれるシステムです。


なにより道順が分かりやすい上に、公共の場に自分専用の案内が出るという特別感を味わえるのが魅力のひとつ。大阪駅に不慣れな人も安心して目的地まで到着できるでしょう。


もうひとつは、フルスクリーンホームドア。ときどき駅で見かける、線路への転落防止のために設置されているドアです。
新型ホームドアの特徴は、開閉する位置を臨機応変に変えられること。電車は車両ごとにドアの数や場所が異なりますが、このホームドアを設置することで、さまざまな車両が大阪駅に停車できるようになるそうです。


大型ディスプレイも搭載している近未来的なデザインなので、まるで未来の駅に来たような気分になれるかもしれませんよ。


新しいものはいくつになってもワクワクするもの。延伸したおおさか東線の電車に乗り込み、大阪駅の新ホームを見に出かけてみてはいかがでしょうか?


東大阪市はこの春、さらに便利に進化します。交通利便性が高いエリアに住みたいとお考えなら、ぜひ東大阪市も候補に加えてくださいね。
便利で快適な暮らしを応援すべく、城戸産業も住み心地のよい住まいを提案いたします。東大阪エリアで住まい探し、住まいづくりをご検討なら、当社へご相談を!


LIVING INFORMATION 最新のくらしの情報

READ MORE